我が家にパソコンが導入されたのはごく最近で、それほど長期間触れているわけではないのですが
マウスの使いすぎに起因する手首の痛み、いわゆるパソコン腱鞘炎に早くもなりかけているので
低反発素材が使用されているリストレスト付きマウスパッドは絶対に手放せません。
念のため言っておきますが、アニメやゲームの美少女を象ったおっぱいマウスパッドとか
そういうのじゃないく、普通の事務的に黒い奴ですよ。

しかし夏と言う季節、このマウスパッドのリストレストはマスターたるこの私に牙を向いてきます。
私はやや汗っかき気味の体質なので、夏の間はいついかなる時も全身がちょっとジメってる状態になります。
もちろん手首回りも、です。
で、その常に汗ばんでいる手首が長時間リストレストと密着しているとどうなるか、言わなくてもわかりますよね。
汗を吸った布とその中身が常に若干湿り気味になり、しかもその水分が汗由来なので悪臭もプラス…。

いちいち消臭スプレーを使うのも面倒なので、夏の間はリストレストの上に常に手拭いが乗っている状態になります。
しかしこれはこれで、元々人体工学に基づいて設計された形を布一枚分崩すことになるので
手首への負担軽減と言う本来の目的から遠ざかると言う本末転倒を招いてもいる諸刃の剣。

一年のうち2~3ヶ月の間はこんな具合なわけですが、長いと見るか短いと見るか。
学生時代、ノートが手汗でベッタベタで滅茶苦茶汚くなった頃からこの悩みはずっと続いています。