私以外の家族は皆プロ野球が大好きなので、シーズンが始まると毎日応援でやかましくなります。
テレビの前で怒鳴っても、メガホンを叩いて応援しても選手には届かないわけです。
どうせなら球場に足を運んでくれたら家の中が静かでいいのにといつも思ってしまいます。

わざわざ野球だけを見るためにスカパーに入って一喜一憂している我が家族。
応援している球団が全員違うので、喜んでいる人もいれば悔しがっている人もいます。
同じチームを応援したら良いのにと思わずにはいられないです。

何とか仲間を増やそうと、あまり野球が分からない私に各球団の良さを皆が熱心に教えてきます。
しかしそれと同時に他球団の良くないところも教えてくるのでよく分からなくなります。
ただ家族が野球の話をしている時はとても活き活きしているので、内容はともかくその時間はとても好きです。

そんな私ですが、昨年初めて球場に行って野球を観ました。
家族揃って観に行ったのですが、皆がファンではない球団同士の試合だったので実現しました。
皆が結構静かに観戦していたので、野球が好きと言うよりは球団が好きなんだということがよく分かりました。

私はと言うとホームランが出た時の球場の盛り上がりが今でも印象に残っています。
多少は野球の面白さが分かったような気がしてので、行ってみて良かったと思いました。

今年も家族が冬眠から覚める春がやって来ました。
家のリビングに何冊も選手名鑑が置いてあるのを見ると、今年も始まるなって感じがしてしまいます。
私もせっかく野球観戦デビューもしたことですし、今年は家族のテレビ観戦に少しだけ付き合おうかなと思っています。